滋賀・京都など近畿各県で、廃棄物処理・リサイクルのニーズにお応えします

回収のご依頼・お問い合わせはネットより24時間受付中TEL.0120-63-5390

環境マネジメントシステム〔EMS〕

キンカングループは事業を行うことにより、環境や社会へ影響を与えています。
当グループでは、廃棄物の適正な処理やコンプライアンスの徹底、リサイクルの推進などに努め、環境への負担を減らしながら、お客様やステークホルダーの皆様へのよりよいサービスの提供を目指しています。それには、労働環境の改善や福祉への取り組みを推進し、安心して楽しく働ける職場づくりに努めています。また、当社では、社会貢献および教育活動に力を入れています。廃棄物処理のプロとして、地域社会と次世代へ良い影響をもたらすことができるよう、キンカングループだからこそできる取り組みを行っています。
滋賀県で活動している会社として、滋賀県の自然環境を守ることは不可欠であり、常に当社でできることを考え、びわ湖や森林などの保全活動を行っています。また、地域とのコミュニケーションを忘れず、応援活動やイベントへの参加を推進しています。

環境活動方針

  1. 廃棄物を資源と認識し、適正に再資源化、再利用、再生利用、処理することに努めます。
    ①資源の有効利用と、社内から出る廃棄物の分別及び資源ごみの再資源化に努めます。
    ② 中間処理後の産業廃棄物のリサイクル向上に努めます。
  2. 地域に根ざした環境事業の推進で、地域社会の貢献に努めます。
  3. 環境関連法規制・条例及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  4. 事業活動から生じる環境負荷を低減するため、具体的な環境目的及び目標を定め、環境マネジメントシステムを継続的に改善することにより環境汚染の予防に努め、環境保全活動を推進します。
  5. 全構成員が、環境保全事業に従事する自覚を持ち、常に環境に配慮した行動を心がけるよう周知し、環境に関する教育及び啓蒙を行います。
  6. 本方針を実行し、維持し文書化して、全構成員に周知徹底するとともに、社外にも情報開示します。
2017年5月1日
代表取締役 西村 忠浩

CO2削減の取り組み

ゼロエミッションの実現などの観点からCO2の削減に取り組んでいます。 近年、京都議定書などでCO2をはじめとする温室効果ガスの削減が叫ばれています。KINKANグループでも、産業廃棄物処理やリサイクル・ゼロエミッションの実現などの観点からCO2の削減に向けて業務を展開。以下は、バイオマス燃料の利用やその原料となる廃植物油回収などによってCO2を削減する、当グループの取り組みをご紹介してまいります。

廃植物油からバイオ燃料へ

再資源化バイオ燃料 KINKANグループでは、皆様から回収した廃植物油の再資源化を通して循環型社会へご参加いただけます。 大気中のCO2量を増やさない地球にやさしいバイオ燃料をKINKANグループは推進しています。

木材チップ製造工場

再資源化木材チップ KINKANグループでは、有用な資源である廃木材の再資源化を開始いたしました。これまで以上に、地球に優しい廃棄物再資源化を行うことが可能となった当グループの取り組みをご覧ください。

ISO14001目的・目標

ISO14001 当グループは2005年より環境マネジメントシステムISO14001を取得しています。
ISO14001では、組織を取り巻くすべてのヒト(地域住民、ステークホルダーなど)及び自然(水、空気など)に対し、組織が与えている影響を明確にし、悪い影響を与えているところにおいて目標を立て、問題を改善していく仕組みを作っています。2014年度より3年間新たな期間を始め、目標を決めました。今年度は最後の年であり、7つある目標の内、4つは達成し、3つは達成できませんでした。

地域社会との共生

地域と共に、皆様と共に、美しい未来のために出来ること KINKANグループでは、資源の有効活用と再資源化を推進すると共に、地域の皆様に対しても様々なご協力を行えるよう活動を展開しております。
地域の環境保全と、共存のため当グループが行っている主な活動を行っております。

トップへページの
トップへ